Pocket

奥森ボウイ先生の大ヒット作【俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!】36話・37話『身も心もケダモノに!?』編 のネタバレ、レビューをします。

この記事は、無料サンプル画像を絡めて、ネタバレ必至の内容になりますので、ネタバレNGって方は、今すぐ下記の画像バナーをタップして、本編をご覧くださいね♪

↓今すぐ本編を観る↓
▲無料立ち読みも出来る▲

俺得修学旅行スマホ版36話・37話『身も心もケダモノに!?』編 画像付きあらすじ

オリハラ(篠原佳織)のスマタ演技を見事(?)見破り、たっぷり中出ししたエロ勇太キツネ。これで次の乙女で千人目、公式神へ昇格の条件をクリアすることになる。

そして、そのターゲットは、生徒会処女組で生徒会書紀、漫研所属の佐藤まいか、通称マイマイだ。

勇太キツネ、いっても神の端くれ…、さっきマイマイが、「プロの漫画家になれますように…」との願掛けに、「おぬしの絵には訴えかけるモノがなにもない…」とグサリッと刺さる助言をした上で、自分が(マイマイと性交して)公式神に昇格した暁には、マイマイが人気漫画家になれるよう『神絵師』の力を宿すことができるよ…と…。

“『神絵師』の力”の誘惑に、心が揺れ動くマイマイだった。

一方、星の砂南女学園の生徒会御一行、マイマイのSOSのサインをスマホで受信した副会長の星咲カエデは、直ちに会長の北条那由華に報告、生徒会メンバーと共に現場へ急行するのだった。

 

マイマイの膣中にたっぷりと欲望を吐き出した勇太キツネ、公式神昇格への条件をクリアしたのになにも起こらないことに不審に思っていると、追い打ちをかけるように、人間は入ってくることができない領域にいたはずだったのに、北条那由華率いる生徒会メンバーが、ぞろぞろとマイマイらを助けに難なく入って来たのだ。

神をも恐れぬ不届き者どもが――っと、いきり立つ勇太キツネに対して、那由華は失笑し、「 主神稲荷大神の正式な使いになれなかった狐のニート、または浮浪者といったところの“野狐の類”が、ナニをエラそうそうに…」と叱責。

侮辱された勇太キツネは逆情して「おぬしらの処女も食らうてやるぅーっ!」と、那由華に襲いかかるが、 厄除け札(2千円でさっき買った)をかざしてその奇襲を退けると、副会長の星咲カエデに得意の催眠術で、勇太キツネの中で眠らされているであろう、勇太自身の潜在意識を呼び起こさせるように指図する。

カエデの催眠術は、功を奏し勇太キツネの▲の耳とフサフサの尾っぽは、スーッと小さくなっていったのだが…!?

本編・続きはコチラ

⇒俺得修学旅行(奥森ボウイ) 36話・37話『身も心もケダモノに!?』編

▲バナーをタップしてぇー!▲

俺得修学旅行スマホ版36話・37話『身も心もケダモノに!?』編 感想

俺得修学旅行(奥森ボウイ) 36話・37話『身も心もケダモノに!?』編を実際に読んだ管理人の独断と偏見の感想を語ります。

いやぁ~、今回の俺得修学旅行の見どころは、なんつってもマイマイのエッチでしょう!。

本作ではサブキャラですけど、今回でマイマイファンが急増したんじゃないでしょうか?。

マイマイのベビーフェイスと天然不思議ちゃん的な性格と、肉付きの良いいやらしいボディーラインのギャップが、そそられますよねぇー。

そして、処女の恥じらいとエッチへの好奇心・快楽との間で揺れ動く心理状態が、表情に映し出されて…、絶妙にエロいです!

また、勇太キツネと、那由華、カエデとの掛け合いは、ギャグです、笑えました。

修学旅行が終了したら、俺得修学旅行の作品自体が終了しちゃうんじゃないかって、ちょっと心配してたんですけど、この展開…、どうやらまだまだ、勇太と星の砂南女学園のJKたちとのエロストーリーは続いて行きそうですね♪

マイマイ以上のスーパーサブキャラの出現を今後も期待できそうです。 d(>_・ )グッ!

 

『身も心もケダモノに!?』
↓今すぐ本編を閲覧する↓

▲まずは無料立ち読み!▲

>>>38話・39話へ進む

 

<<<34話・35話へ戻る