奥森ボウイ先生の大ヒット作【俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!】の24話・25話『学園裁判への誘い』フルカラースマホ版のレビュー情報を紹介します。

この記事は、画像を絡めたネタバレ情報も含まれますので、ネタバレNGって方は、今すぐ下記の画像バナーをタップして、本編をご覧くださいな♪

↓今すぐ本編を観る↓

▲無料立ち読みも出来る▲

24話・25話『学園裁判への誘い』  画像付きあらすじ

映画村の路地で、バッタリ出くわした生徒会副会長、星咲カエデ、富士山ら特命風紀部幹部連中と勇太ご一行。

学園裁判へ出廷するようにとの訴状を叩きつけられる。

 

ヤバイ雰囲気に、その場を逃げ出そうとする勇太ご一行を、富士山が制する。

そして、強制的に拉致られて、路面電車に乗せられてしまう。

裁判は今夜なのになぜ?

 

生徒会の会合で、勇太(伊賀)の話題になった途端、北条那由華が、「特命暗殺部」を創設するなどと、尋常ではないくらいご乱心したようで…

カエデ副会長らは、勇太と那由華との間に、ただならぬ何かがあったと察し、勇太に裁判で便宜を図るからなにがあったのか話せと迫ってきた。

しかし、あの那由華の恥ずかしいヒミツを暴露しちゃったら、那由華様は…?!

と、ビビって口ごもる勇太。

 

すると、副会長の星咲カエデは、得意の怪しい催眠術を使って、勇太に口を割らせようと迫ってきた。

極小のニップレスをつけた“軟乳”を震わせ、S気あるいやらしい言葉攻めをしながら、勇太のムスコを手コキ…

星咲カエデの緑の瞳が怪しく光る!?

勇太は、星咲カエデのエロい催眠術にかかって、精子と一緒に那由華のヒミツをぶちまけてしまうのか?!

学園裁判の判決は?!

俺得25-b

今話は、本番のカラミはないけど、星咲カエデの極上のエロいボディーで、痴女っぽい設定が興奮する。

さすが、奥森ボウイ先生!

こんなエロい小悪魔的JKを描かしたら日本一じゃないかな?(・∀・)イイネ!!

↓今すぐ本編を閲覧する↓

▲まずは無料立ち読み!▲