Pocket

大人気8作家の10作品を収録した、179ページのメガ盛りギャルアンソロジー第3弾!『生意気ギャルビッチとヤリたい!! 3』

奥森ボウイ先生は、創刊号から表紙画を担当し、作品も掲載されています。

で、『生意気ギャルビッチとヤリたい!! 3』に掲載された、奥森ボウイ先生の単行本未収録作品、【とあるママサー事件簿】【夏の終わりの小テスト】の2作品をこのページでは、レビューしちゃいます。

画像をたっぷり載せて、ネタバレ必至の内容になるので、もし、あなたが絶対ネタバレNG!っていうなら、今すぐ下記の画像バナーををタップして、『生意気ギャルビッチとヤリたい!! 3』をご覧ください。【とあるママサー事件簿】の無料立ち読みもできますよ。

今すぐ
生意気ギャルビッチとヤリたい!! 3
観るっ!!
↓↓↓↓↓


▲無料立ち読みもできる!▲

とあるママサーの事件簿~美人ギャルママが堕ちた理由とは…?

新米ママたちの子育ての経験を共有して、少しでも不安や悩みの解消につながれば…と、発足したママたちの「ギャルママサークル」。

まぁ~、実際にはたいして役に立つ情報は得られなくても、ナーバスに悩みがちな若いママたちにとって、愚痴を言い合い、ストレスを発散できる場所があることは心強いかぎり…。

の…、はずだったのだが、メンバーの一人、金山美奈子は、極道の妻で…。

岩下志摩や高島礼子みたいに美人でどっしりとキモが座った姉さんとは程遠い、デブでブランド物の装飾品をじゃらっじゃら付けた、いかにも成金って感じのイヤミなオバサン。

態度も、いつも横柄で、集会の場である禁煙のカフェでも平気でタバコを吸ったりして、集会の和を乱す存在だった。

ヤクザの奥さんということで、サークルのメンバーの殆どが、かかわらないように避けて通るなか、ただ一人、元モデルのギャルママ、後藤マリだけは、金山とどうどうとやり合う存在だった。

その日の集会も、お互いの子供のことで口論となり、集会は騒然としていた。

キレた金山は、集会の場所を移して、心置きなく納得するまで言い合おうと、後藤マリらママたちを自分の旦那のイキがかかったマンションの一室に連れていく。

すると、他のママたちは、二人のイザコザだから二人で話し合ったほうがいいでしょ…と、後藤マリを残して帰ってしまった。

古く、暗いマンションの一室、後藤マリは監禁されてしまう。

そして、金山が連れてきた変態男どもに輪姦されてしまう…

本編をじっくりご覧になるなら…コチラをタップ!
↓↓↓↓↓

 

夏の終わりの小テスト~ガテンギャルとのハーモニー

コースケは、高校生のころ、仲間とつるんでやんちゃしていたが、今は、工事現場で真面目に働く青年。

やんちゃしてた頃、つるんでいた仲間の中に、兄貴分の塔屋さんとその塔屋さんの彼女アキさんがいたんだけど、コースケはずっと、兄貴分の彼女であるアキさんに思いを寄せていた。

そのことは、塔屋さんとアキさん以外の仲間内にはバレバレの周知のことだった。

そのアキさんと塔屋さんが、春に結婚するという噂が流れた。

コースケは、二人の仲を邪魔するつもりは一切なかったんだけど、自分の気持ちに整理をつけたくて、自己満覚悟で、アキを呼び出してアキへの思いを告白した…。

すると、アキも

「アタシも告白していい?…、“塔屋亜紀”になる計画は、この夏終了しました…」

と…。

整理がつきかけた気持ちが、またぐしゃぐしゃになりなにも言えなくなってしまったコースケ…

すると、突然…、アキが海に沈む夕日を見ながら、

「コースケ…、キスでもしてみる?」

とつぶやいた。

アキは、ちょっとしたイタズラのつもりだったのかも知れないが、コースケは、自分のアキへの本当の気持ちを再確認し、激しくアキをもとめた。

「やっぱり俺がアキさんを幸せにしたい!!」

…と。

すると、アキは

「そこまで言うならテストしてあげるよ…」

と、コースケをラブホへ誘うのだった…!?。

 

 

【とあるママサー事件簿】、【夏の終わりの小テスト】は、奥森ボウイの単行本未収録作品で、ご覧になるには下記の画像バナーをタップして、デジタルコミック誌【生意気ギャルビッチとヤリたい!! 3】から、購読してくださいね。

【とあるママサー事件簿】、
【夏の終わりの小テスト】
を今すぐ観る!
↓↓↓↓↓