Pocket

踊る誘惑受付嬢1奥森ボウイ先生の【踊る誘惑受付嬢~ありえない腰使い~】をスマホで、コッソリ、無料立ち読みしちゃいましょう。

営業マンだったら誰しも一度は想像したことがあるかもしれない、取引先の受付嬢とのロマンス。

そんなサラリーマンの夢を見せてくれる【踊る誘惑受付嬢~ありえない腰使い~】という作品です。

ここから先の記事は、内容がネタバレ気味になりますから、イヤな方は、今すぐ下記のバナーをタップして本編をご覧ください。

↓↓今すぐ本編を観る!↓↓
【踊る誘惑受付嬢~ありえない腰使い~バナー
▲無料立ち読みもバナーをタップ!▲

【踊る誘惑受付嬢~ありえない腰使い~】あらすじ・ネタバレ画像

雑居ビルの一室のタンゴ教室にダンスのレッスンに通っている女性。

レッスンが終了して、窓の外を見ると軽快に通りを走り抜けていく一人の男性が見えた。

踊る誘惑受付嬢2

仕事の営業活動がうまくいき、足取りも軽やかになってる彼は、ユニライフという会社の営業マンで、田中啓祐といった。

いつも営業で訪れる永友物産。
その受付の女性社員…美人なんだが、いつも彼だけには無愛想な応対をする。

踊る誘惑受付嬢3

踊る誘惑受付嬢4

その日もそんな対応をされた挙句、永友物産との商談はまとまらず、散々な一日だった。

帰宅途中、重い足取りで、いつもの通りを歩いていると、背後から真っ赤なドレス姿の女性が駆け寄ってきて、「1曲だけ踊ってくれませんか?」と頼まれた?!

踊る誘惑受付嬢5

どうしてもという彼女に強引にダンス教室まで引っ張ってこられた田中。


タンゴなんて初めて踊るのにもかかわらず、パートナーにリードされながら曲に合わせてタンゴを踊ると、周りからは上手だと拍手が沸き起こった。

踊る誘惑受付嬢6


やはりリズムがばっちり合ったとそのパートナーの女性は言った。

そして、田中がダンス教室の前の通りを軽快に歩くステップに合わせて練習していたことを打ち明ける。


さらに、今朝、会社でちゃんと挨拶できなかったことも…。

 

その時、初めて彼女が、永友物産の受付嬢だと気付いた田中。

女性が差し出した名刺には、堀江奈美と記されてあった。

 そして二人は、寄り添って夜の街へと繰り出していくのであった…

踊る誘惑受付嬢7この後、
二人の濃厚な熱い夜が…
続きは、本編で!
↓↓↓↓↓

踊る誘惑受付嬢1

❏基本情報
作品名 : 踊る誘惑受付嬢~ありえない腰使い~【フルカラー】
作家名 : 奥森ボウイ/赤髭
電子書籍販売日 : 2015/05/23 09:50
ページ数 : 44ページ
掲載誌/レーベル : カゲキヤコミック
出版社 : カゲキヤ出版
ジャンル : オフィスラブ 恋愛 ダンス OL 受付嬢
ファイル容量 : 17.10MB
ファイル形式 : fxlepub形式

※ブラウザ視聴 Android対応 iPhone・iPad対応

aka2a